タイ株保有株&保有ファンド(2013年2月23日時点)
銘柄数量取得単価現在値損益損益(%)
ADVANC*81.63204.00*149.91
AIT*22.9682.00*257.14
CSL*2.5411.20*340.63
INTUCH*28.5568.75*140.84
KK*10.4260.00*476.00
MCOT*13.1247.25*260.11
PRANDA*6.5610.10*53.94
SPACK*2.523.90*54.51
UPOIC*9.2611.90*28.43
CPNRF*8.0119.90*148.48
CPNRF*8.3119.90*139.50
FUTUREPF*9.2118.60*101.96
MJLF*8.6614.90*72.07
SPF*6.3417.60*177.66

2009年10月31日

タイ株 2009年10月30日 雑感

SETは3日続落とトレンド転換の兆しです。
昨晩の米国市場も大幅に下げて、
来週も安い展開が想定されます。

世界的な株高が続いてましたが、
その流れも変わってきています。

持ち株はまだまだ含み益があります。
長期投資ということで、あえて利益は確定せず、
配当をもらいながら、持続したいと思います。
減配・無配転落の場合のみ、
別の銘柄に乗り換える予定です。

上記の保有株&保有ファンドを更新しましたが、
やはり含み益は減っています。
それでも上昇している銘柄もあります。

KK
SPACK
SPF

KK(キアットナーキン銀行)は利食いしなくて正解でした。
2倍になったら利食いという方針も、
持続した方が良い場合もありますね。

2倍で利食いしたLPNは持続していれば3倍近くになっています。

強かったタイ株もここからは厳しい展開があるかもしれません。
それでも業績の良い銘柄には買いが入っていますので、
銘柄選別だけきちんとしておけば、
指数が下げてもそれほど影響はないと思います。
指数に連動する大型株は厳しいかもしれませんが。

例えば、KYE(カンヨン電機)。
増配で注目した時の株価は70バーツ前後。
その後高値は295バーツですので、
2ヶ月ちょっとで4倍になっています。

こういう銘柄にいかに初動で乗れるかですね。
タイ株は比較的素直な値動きをしますので、
買われる時は一方的に買われます。
初動に乗れば、短期でもけっこうなリターンを得られる可能性があります。
posted by タイ株情報局 at 10:44| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月13日

タイ株 CPNRFの増資について

CPNRFの増資に関する書類が届きました。
凄い分厚い書類です。
日本に送ったら送料が高そうです(笑)。
送り主はSCBAM(サイアムコマーシャル銀行アセットマネージメント)。

分厚いのは前回の株主総会の時にも送られてきた、
ファンド詳細が記載されたものです。
とても読む気が起こらない書類です(英語)。

増資に関する書類は数枚です。

保有ユニット数、
増資による購入可能ユニット数。
すべて購入した場合の金額が記載されてたものが1枚。

英語・タイ語併記の申込用紙があり、
記載して郵送すればいいのでしょうか?

ROとPOという区分があり、
RO=Rights Offering
PO=Public Offering

既存株主が優先的に買えるのでしょうが、
公募で株主でなくても応募は可能なようです。
RO期間:10月16日〜22日
PO期間:10月16日〜27日

支払いは、現金・銀行振込・小切手から選択。

続いて購入後のファンドをどうするかという選択。
・ファンド口座に入れる
・証券口座に入れる
・証書を郵送

配当の支払い方法の選択
・小切手
・銀行口座

税金の扱いについての選択。
・源泉徴収あり
・源泉徴収なし

最後にサインをすればいいようです。

細かく読んでいないので見落としているかもしれませんが、
この書類をどうしたらいいのか、いまいちわかりません。
おそらく郵送なのでしょうが、
返信用の封筒も入っていなし不親切ですね。

買ってもいいのですが、なんか面倒くさいなという印象です。
サイアムコマーシャル銀行の窓口でもOKなのかな?
まだちょっと時間があるので、熟考します。
posted by タイ株情報局 at 12:10| Comment(13) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月01日

タイ株 2009年10月1日 雑感

SETは3日続伸と強い展開。
日本市場は1万円割れ、米国市場は2日続落の中、
タイ株だけは関係なく強いようです。

本日は銀行株が上昇しており、
珍しくBBL(バンコク銀行)が売買代金1位。

話しは変わって、CPNRFの有償増資について。
権利日の日付が変更されており、
本日が権利落ち日になっています。

内容も少し変化して1:0.2505と端数が増えていました。
仮に10000株(UNIT)保有しているとして、
2505株(UNIT)を購入する権利があります。

価格は8.90バーツ。
本日の終値が9.15バーツですので、割り引かれていますが、
それ程魅力的な割引率ではないですね。

どのような手続きになるかわかりませんが、
書類が送られてくるのでしょうか?

権利を行使するかは、まだ未定ということで、
熟考の後、決断したいと思います。
posted by タイ株情報局 at 21:24| Comment(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。