タイ株保有株&保有ファンド(2013年2月23日時点)
銘柄数量取得単価現在値損益損益(%)
ADVANC*81.63204.00*149.91
AIT*22.9682.00*257.14
CSL*2.5411.20*340.63
INTUCH*28.5568.75*140.84
KK*10.4260.00*476.00
MCOT*13.1247.25*260.11
PRANDA*6.5610.10*53.94
SPACK*2.523.90*54.51
UPOIC*9.2611.90*28.43
CPNRF*8.0119.90*148.48
CPNRF*8.3119.90*139.50
FUTUREPF*9.2118.60*101.96
MJLF*8.6614.90*72.07
SPF*6.3417.60*177.66

2011年02月24日

タイ株 銘柄の入れ替え

ずっと放置していたタイ株の口座ですが、
本日、銘柄の入れ替えを断行しました。

2倍、3倍になっている銘柄もあるわけですが、
売却して他の銘柄に乗り換えた方が、
配当が多くもらえるということに今頃気がつきました。

投資金額からは余裕で10%以上の配当利回りですが、
現在の評価額からだと6%程度の利回りです。

株価が上昇して、配当利回りが高い銘柄は減少していますが、
それでも8〜9%位銘柄はまだまだあります。

持ち株で配当利回り、業績が悪化している銘柄は切って、
現状でも配当利回り、業績がいい銘柄に乗り換えました。

【決済した銘柄】

URBNPF、配当分考慮してもマイナスとなりました。
年4回配当ですが、昨年の2月以来、配当はなく、
減資という形で分配金は出ていましたが、
たこ足配当と同じですので、株価は下がってしまいます。
10バーツが基準値ですので、今は5バーツと半値になっています。

QHPF、利食いという形で決済。
不動産ファンドですが、今期の配当は大幅に縮小。
それを補うためか減資で分配金を出すようです。
3ヶ月後の配当がどうなるかですが、URBNPFと同じ運命では?
不動産ファンドはあまり良くないようです。
商業不動産のCPNRF、FUTUREPFは好調です。

PSL、利食いという形で決済。
配当利回りは現状では3.50%。業績も前年度より大幅に悪化。
投資金額からだと7%位の利回りがありますが、
他の銘柄に乗り換えたら、現状より2倍の配当がもらえる計算に。

【新規で購入した銘柄】

ADVANC
SHIN
TLUXE

後日詳しく紹介しますが、配当利回り、業績もよいです。
posted by タイ株情報局 at 18:44| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月08日

そろそろ配当の季節

3月と4月は配当が集中する季節です。
まだ2月ですが、この時期から各社の配当が発表されます。

持ち株ですでに発表されているのは、
PSL(プレシャス・シッピング)

0.22バーツの配当と前回より僅かに増配。

ちなみにここ数年の配当動向は以下になります。

2011年02月 0.22
2010年11月 0.20
2010年08月 0.20
2010年05月 0.25
2010年02月 0.60
2009年11月 0.40
2009年08月 0.40
2009年05月 0.40
2009年02月 0.80

以前と比べると寂しい配当となっています。
配当利回りもだいぶ落ちました。
私の場合は、買値が安いので、このまま年4回配当を頂きます。

2010年度の純利益は約9億バーツですが、
2009年度と比べると約3分の1の利益に。

筆頭株主はタイ企業で、
タイ語表記で誤訳かもしれませんが、
ゴルベック・コーポレーションが25.65%保有。
後はインド系の経営者でもある個人が上位に名を連ね、
外資系の銀行や、シンガポール政府系のファンドなどがあります。
posted by タイ株情報局 at 13:15| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。