タイ株保有株&保有ファンド(2013年2月23日時点)
銘柄数量取得単価現在値損益損益(%)
ADVANC*81.63204.00*149.91
AIT*22.9682.00*257.14
CSL*2.5411.20*340.63
INTUCH*28.5568.75*140.84
KK*10.4260.00*476.00
MCOT*13.1247.25*260.11
PRANDA*6.5610.10*53.94
SPACK*2.523.90*54.51
UPOIC*9.2611.90*28.43
CPNRF*8.0119.90*148.48
CPNRF*8.3119.90*139.50
FUTUREPF*9.2118.60*101.96
MJLF*8.6614.90*72.07
SPF*6.3417.60*177.66

2011年12月01日

タイ株 持ち株のQ3決算

2011年度Q3の決算発表がすでに出ていますが、
持ち株の状況を確認してみたいと思います。

ADVANC:ADVANCED INFO SERVICE

2011年Q3で185億5600万バーツの純利益。
2010年は205億4700万バーツの純利益なので、
昨年を上回りそうな勢いです。


AIT:ADVANCED INFORMATION TECHNOLOGY

2011年Q3で3億800万バーツの純利益。
2010年は3億8800万バーツなので、昨年をぎりぎり上回るか?


CSL:CS LOXINFO

2011年Q3で2億8100万バーツの純利益。
2010年は3億9900万バーツ。昨年よりやや現役になりそうなペース。


INTUCH:SHIN CORPORATION

2011年Q3で77億7500万バーツの純利益。
2010年は80億3100万バーツと、増益は確実か?


KK:KIATNAKIN BANK

2011年Q3で21億7600万バーツの純利益。
2010年は28億4000万バーツ。ほぼ同程度のペース。


MCOT:MCOT

2011年Q3で15億100万バーツの純利益。
2010年は14億2200万バーツとこの時点で昨年越え。
大幅増益期待です。


SPACK:S. PACK & PRINT

2011年Q3で6300万バーツの純利益。
2010年は1億2500万バーツの純利益。
ほぼ毎年同程度の純利益ですが、今年は減益か?


SVI:SVI

2011年Q3で6億8800万バーツの純利益。
2010年は7億3500万バーツ。
通常なら増益となりそうなペースですが、
洪水の影響でQ4の業績は伸びない可能性も。


PRANDA:PRANDA JEWELRY

2011年Q3で2億9300万バーツの純利益。
2010年は2億4300万バーツとこの時点で昨年越え。
大幅な増益を期待です。


SPACKがやや心配ですが、他は問題ないようです。
posted by タイ株情報局 at 23:01| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月07日

持ち株と洪水の影響

洪水被害が続くタイですが、
株価はそれ程洪水の影響を受けていないようです。

世界的な株安で下げて、
洪水でダブルパンチかと思いましたが、
株価はやや反発傾向で、
持ち株の残高も、最悪事よりは戻しています。

それでも個別株では、今後の影響が予想されます。

持ち株を見てみると、
ファンドのFUTUREPF。
フューチャーパーク・ランシット周辺が冠水しています。
おそらく営業休止中と思われます。

同じくファンドのCPNRF。
保有資産がセントラル・ピンクラオとラマ3世店だったと思いますが、
ピンクラオの方は、すでに冠水しています。

電子部品のSVI。
工場はパトゥムタニーのバンカディー工業団地にあります。
全地域浸水の工業団地なので、操業停止と思われます。

その他は、直接的な被害はなさそうですが、
間接的に経済の落ち込みなどで、
業績が伸びない可能性もあります。

今後の四半期決算に注目したいところです。
posted by タイ株情報局 at 13:34| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月20日

洪水とタイの株価

洪水被害がバンコク中心部にも迫っています。
まだ直接的被害はありませんが、
冠水する可能性が大いに出てきました。
間接的には水不足など、物流面で問題は出てきています。

タイ株の方ですが、洪水で下げているというよりは、
世界的な流れで下落しているという形ですが、
今後、個別株においては、
洪水の影響が出てくると予想されます。

例えば、冠水して操業停止になっている、
ROJNA(ロジャナ工業団地)は、
10月7日終値が7.05も、本日18日は5.85となっています。

久しぶりに値上がり率、値下がり率上位を、
注目して見てみたいと思います。
洪水と株価の関係が見えてくるかもしれません。

値上がり率2位:NWR(ナワラット・パタナカン)
本日11%の上昇。
不動産会社ですが、洪水とは関係ないか?

値上がり率3位:HTC(ハード・ティップ)
本日11%の上昇。コカコーラの製造会社。
コーラも水がないので売れていますが、
水も生産しているので、水需要で買われた?
それにしても社名だけみると、
電子部品でも作っている会社かと勘違いします。
製造委託という形なのでしょうが、
コカコーラ・インドシナが23.93の株式を保有。

値上がり率5位:ITD(イタリアン・タイ・デベロップメント)
本日6%の上昇。
建設会社。洪水とは関係ない?

値上がり率6位:TIPCO(TIPCOフード)
本日6%の上昇。
果物ジュースの会社。飲料関連として買われている?


値下がり率6位:TFD(タイファクトリー・デベロップメント)
本日は10%の下落。
工場ということで、洪水被害で下落と思われるも、
数日前には大幅に上昇していたりと、関連性は不明。

値下がり率8位:PS(プルックサー・リアルエステイト)
本日は9%の下落。
不動産会社。

値下がり率9位:LL(リビング・ランド・キャピタル)
本日は7%の下落。
不動産会社。


時間があれば、継続的に注目してみたいと思います。
posted by タイ株情報局 at 00:57| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。